山の中を駆け巡ろう!ランにも使いやすいリュックについて

山の中を駆け巡ろう!ランにも使いやすいリュックについて

ポケットが多くトレイルランも安心

山道を走るトレイルランが人気を呼んでいますが、トレイルラン用のリュックもよく見られるようになりました。まずそうしたリュックの使い勝手を考えた際に、ポケットが多いことが非常に重要です。山道ランの場合、山の中には給水場もないので、水分は勿論、エネルギー補給のためのフードなどを持っていかなければなりません。そのほかにも足の疲労を和らげるための消炎剤やかっぱなども必要です。そうしたさまざまな物を持ってランナーは走るので、たくさんのポケットがあるリュックは使いやすいのです。


防水加工で雨が降っても大丈夫

山の天気は移ろいやすいものです。朝は晴れていても、トレイルランをしている途中に雨が降ってくることはよくあります。霧が出てくることもあります。またハードな山道では、川の中を歩くこともあるのです。そうしたランをする際に、防水加工がされている生地のリュックであれば、少しくらい濡れても安心です。防水ジャケットやかっぱを持参していても、少々の雨ならそうしたウェアを着ずに走りたいというのがランナーの本音なのです。少しくらいの雨なら問題がないリュックであれば、安心して山を駆け巡ることができますね。


揺れにくいデザインでランナーもストレスレス

リュックを背負って山道を走るというのは、慣れるまでは大変です。走るたびに左右によく揺れてしまうリュックの場合、ランナーの疲れが倍増してしまいます。トレイルランの選手が求めるのは、揺れにくい工夫がされたデザインのリュックなのです。背中にフィットする形であったり、ベルト部分が調整できたりするリュックは、ランナーのストレスも減り良いタイムにも結び付くでしょう。使い勝手の良いリュックの条件のひとつとして、揺れにくいことが大切ですね。



リュックの用途は色々です。アウトドアと時に利用するのはもちろん、通学や通勤にリュックを利用する人も増えてきました。物がたくさん入り、両手が使える便利さがリュックの人気です。