こんなにあるの?知って得する屋上緑化のメリット

こんなにあるの?知って得する屋上緑化のメリット

ヒートアイランドの有効対策

屋上緑化は、ビルなどの建造物の屋上に芝生を敷いたり、樹木を植えたりすることで緑化することです。屋上緑化を進めることで、都市部を中心に大きな問題となっている、都市の緑の減少が原因であるヒートアイランド現象の緩和が期待されています。屋上緑化工事のための、助成金制度を設けている自治体も増えており、各地で積極的な取り組みが進められていますよね。施工業者数も増加し、緑化技術も進化を続けているので、どんな建造物にでも、状況に合わせて施工が可能です。


建物自体にも大きなメリット

屋上緑化は、都市環境や景観を改善するだけではなく、建物自体の省エネ効果や、気候などからの外的ストレスからの保護効果を高める役割りもあります。植物の持つ蒸散作用によって、夏場は建物周辺の温度を下げ、冬場は保温効果を発揮します。ある程度の雨量なら、植物や土に吸水されるので、建物を伝わって流れ出る雨水の量を減少させることができます。湿気や紫外線、都市の厳しい気候条件から、建物内外の構造が受けるダメージのクッションとしての働きをしてくれるでしょう。


イメージアップ・オフィス街の憩いの場

屋上緑化によって、屋上を社員がリフレッシュできる空間として活用している企業も増えています。社員のモチベーション維持や、コミュニケーション機会増加にも役立っているようです。また、教育現場でも、屋上緑化についての学習を取り入れており、見学を通して、身近で自然の魅力を子供たちに伝える場としての役割も期待されていますよね。屋上緑化を取り入れることで、エコ意識の高さを具体的な取り組みとしてアピールできるので、企業イメージの向上のメリットもあるでしょう。



断熱効果や景観向上を目的として、建物の屋上に植物を配置するのが屋上緑化です。環境対策として会社や団体が建物屋上でする他、趣味で個人の自宅屋上や屋根の部分にする人もいます。